【置屋のアガシとプライベートで】 幸せ気分を満喫♪

(はじめに)

置屋のアガシだって同じ女性です。いくらお客とは言え、自分が嫌だと思う男にはそれなりの接し方になってしまう。もちろんサービスだって悪いはず。その反面、相手に好意を抱いた時は優しく接してくれるはずです。元々
SEXが好きだから置屋で働く、などと言う理由で身体を売るアガシなどは殆どいないでしょう。アガシは他に理由を持っているはずです。お金を稼ぎたい、借金がある、家庭の事情、中には人身売買に近い状態で店に縛られているアガシもいるみたいです。最初に言いましたが、どんな事情であっても同じ女性です。置屋のアガシだってお客に好意を持つ事があっても不思議な事ではなく、人間として当たり前の感情です。今回は、実際に私が体験した、置屋のアガシと楽しく過ごしたひと時をご報告致しましょう^^これは決してフィクションではありませんので!



私はいつものごとく、本日の宿泊先を見つける為に置屋街を隈なく探索していました。私は既に1人オキニのアガシがいましたが、オキニの店は宿泊用の部屋がなく、時間×12万Wで計算されてしまう為に宿泊は初めから諦めていました。それに最初の2~3回はサービスも良かったのですが、近頃オキニのアガシも手を抜く様になってきたので、そろそろ潮時かな!とも考えていた事も重なり、新規開拓も兼ねて好みのアガシと宿泊条件がマッチした店を探していました。

ある店の前を通った時、1人のアガシがモーレツにアタックして来るではありませんか!それはもの凄い勢いで誘って来ます。「オッパ~♪○×□◎◇♂○♀∪÷☆ГЭЮЙфξξζΨ.^~^」何を言っているのかまったく理解不能(^^;; その日は何故か不思議とアガシの勢いに吸い寄せられる様に店に入ってしまいました。別に好みのアガシと言う訳では無かったのですが、アガシの熱心な客引きが半分面白かったからでしょう。とりあえず宿泊出来るかどうかを尋ねたら宿泊用の部屋があるとの事なので、今日はこの店に決めました。料金は他より少し高かったが、翌朝は昼12時までゆっくりしていってもいいと言われた事と、何よりもこのアガシの熱心さに負けました。

それでも私の目に狂いはなかった様です!今までの中で1、2を争う濃厚なサービス^^あっはっは~正解!正解!置屋のアガシは外見も重要だが、1番はアガシのやる気ですね。それにこのアガシは本当に優しくて翌朝には、マッサージ、耳掃除、鼻毛抜き、洗顔マッサージまでしてくれたんです。ん~まだ置屋にもこんなアガシが居たのですね!(ラッキー)それからは他で浮気はするものの、宿泊はいつもこのアガシの店です。今でも私の韓国での第一宿となっています。

ある訪韓の時、いつもの様に置屋泊で最終日を向かえた私にハプニング発生。この日は久々に他の店で宿泊をしたのが後々のハプニングを呼び込んでしまいました。いつもなら12時まで一緒に起きていてくれていた定宿のアガシ。しかしこの日のアガシは事が済むと1人で眠りに走ってしまい、私は一人寂しくテレビを見ている有様。トホホ・・(涙)時計を見たらまだ10時半。まだ空港に向かう時間には余裕がある。ん~それでは私もアガシと一緒に少しお休みしますか!私はアガシの横に添い寝し、お尻をナデナデしながらしばしご睡眠アンニョンイチュムセヨ!zzzz……

んっ!キョロキョロ
…..えつ?は~??なっなに~(驚き)にっ2時30分じゃね~か~!アッハッハ~(もう笑うしか無い状況)JASさん空席1席提供します^^;どうあがいてもフライトには間に合いません。私は旅行会社に電話をして翌日の空席を訪ねたら、空席があると言われました。(こんな非常事態で威力を発揮する韓国発券エアーチケット)早速席を確保しました。とりあえず明日までは休みだったので会社を休まずに済みましたが、手元には35万Wしか残っていない。しかもこれは帰りのチケット代。往復を片道に変更しても、置屋に宿泊出来ないではないか!やはり今日は大人しくしていよう。

日が沈み、また血が騒いで来てしまったいけない私がそこに居た。う~やはり浮気をした代償かなぁ?やはり最後は定宿アガシに会いに行こう。勝手な理由を自分に言い聞かし、また懲りずに足を運んでしまいました。今日は他のアガシには目もくれず、ひたすら定宿に向かう。

オッパ~♪^^ハイハイまた来ましたよ!部屋に入り事情を説明して、今日は宿泊出来ない事を伝えると、アガシは引き出しを開け何かを取り出しました。ハテ?何だろう?オッパ~これで宿泊していって!えっキャッシュカード(驚き)足らない分はここから引き出して!でも店の店主にバレたら怒られるので近くでは引き出さないでね。それじゃ~カード返せないよ?うんいいの、今度来た時で・・・うお~(涙)何て馬鹿な事をしてしまったのだ。昨日ここで宿泊していれば
(T_T)….感動と罪悪感為、思わず目に熱いものを感じた私でした。こんなにいいアガシを裏切り、まして直ぐ近くで大砲を打ち込んでいたとも知らず・・・カムサハムニダm(__)m もう浮気はしないからね!

月が変わり、また訪韓した私はカードを持参して店に向かいました。だが店に来てみるとアガシの姿が無いではないか!店の顔なじみのアガシに尋ねると、今休暇で故郷に帰っています、と返事。え~何でまた~!電話をしてみたが出ない!少し経ってからまた電話したがやはり出ない。しかたがないのでまた浮気をしてしまった私でした^^;

翌朝アガシが部屋から出て行ったので、また電話を掛けたら、あっ!出た。「今どこに居るの?」「私今釜山です。オッパ~は今どこ?」「ええっ!今はね~・・・・」アガシの部屋。。。などとは言える訳がない。「ソッソウルだよ(汗)」「オッパ~コヂンマル(怒)」「そっそんな事よりカード返しに来たんだよ(冷汗)」「それじゃ釜山まで会いに来て!」「えっ今から?」「そう、今から・・・^^」

私は朝打つはずの大砲を残し金浦空港に向かいました。アガシバイバ~イ(^^)/~また泊まりに来るからね~!さて金浦空港に着きチケットを買う為大韓カウンターのアガシに、釜山行きは何時?と尋ねたら、「一番早い便でも空席があるのは3時30分です。」う~1時間半待つじゃん!それならアシアナにしよっと!しかしアシアナも1番早くても3時20分。まぁ10分早いのでアシアナにしました。私は釜山にいるアガシに到着時間と、空港まで迎えに来るように伝えました。

トチャケッソヨ!飛行機を降り到着口から出るとアガシが待っていました^^ちょっと感激の一瞬。何だか無性に嬉しくなって来ました。実際にはアガシの故郷は釜山ではなく、金海空港から30~40分程度タクシーに乗り、ちょっと素朴な町でした。あらま~カントリ~ですね。まさか2泊の訪韓でソウルから釜山郊外まで来るとは思いませんでしたが、置屋のアガシとアガシの故郷でデート何てそう滅多に体験できるものではありませんですよね^^(超~ラッキ~!ムフフフ♪)淡白な紹介アガシと違い、夜だってお墨付きだし。

あっ!そうそう。「はいこれ。」私はキャッシュカードをアガシに返し、お礼を言いました。もちろん使わせてもらったウォンは全額アガシに返そうとしましたがアガシは、「オッパ~お金はいいの!会いに来てくれた事が嬉しい!」だって。泣かせる~(苦笑い&涙)

まずは今日のお宿探し。そこそこキレイなモーテルを見つけ荷物を置きひと休み。ちなみに25,000Wでした。さすが田舎町、安い。モーテルの入り口にはピンクチラシが沢山。こんな田舎町でいったいどんなアガシが来るんだろう?料金は?時間は?とアガシに聞きたかったが、聞ける訳がないですよね!アッハッハ。

「アガシ!ヨネハゴシッポヨ^^」アハハ「やっぱりオッパ~ね!それじゃお風呂にお湯入れて来るからねっ♪」皆さん、置屋のアガシとプライベートでのSEX。いいですよ~!いくらプライベートとはいえ、やはりプロです。凄いの何のって!(はぁと)う~イジェクナルコッカッタ~(爆発)

その後食事をしてからノレバンに行きました。アガシは本当に歌が上手かった。それとお酒が大好き。特にメッチュが。殆ど1人でジョッキ2杯4リットル飲み干しましたね!さすがに頻繁にトイレには行きましたが!アガシはその内、酔っ払い状態に突入。「オッパ~私カーSEXが好きなの。今したいウィッ!!」「車何てないよ。」「じゃ~ここでウィッ!!」「えっ!ここで?」「ネ~」
^^;皆さん残念ですが、さすがに私でもそこまでは無理でしたよ(笑)

でもしゃぶってくれましたが・・・と言うより無理やりされた感じ!ウィッ!!

モーテルに帰ったらまたフロントにメッチュを注文するアガシ。しかもビン5本。私が1本、アガシが4本!ウィッ!!強いっす!今度はモーテルの部屋がルームサロンとなった。アガシは裸になり踊り始めた!^^;ちょっと嬉しすぎる悲鳴を上げて喜ぶ私でした♪

いつの間にか眠り込んでしまったようで、気が付けば既に朝10時を過ぎていました。アガシも何事もなかった様に目を覚まし「オッパ~!ペコパヨ」…….私もお腹へった~

モーテルをチェックアウトしてアガシご推薦のソルロンタンが美味しい店に食べに行きました。「オッパ~!マシッソヨ?」「ネ~マシッソヨ」1万Wと少し高かったが、さすがにお薦めするだけの事はあった。

時刻はまだ11時半。ソウルに戻る便は2時10分の大韓。少し時間があるな~!「アガシコーヒーでも飲みに行く?」アガシは私の腕を引きどこかに案内し始めた。「オッパ~ここで休みましょう」んっ!はて温泉マークのビル。1Fから3Fがサウナ。「アガシ!サウナに入るの?」「アニョ~」良く見ると5Fから8Fがモーテル!「モーテル?」「ネ~^^」

そう言えば、朝まだ大砲打ってなかった!アッハッハ~。料金2万Wでした。やはり安い。フロントに韓国版アタルトビデオが沢山あったので1本持って部屋に入りました。早速再生して見てみたら、日本の3流アダルトビデオよりひどい。韓国人はこんなの見て喜んでいるのだろうか?

まぁビデオ何てどうでもいい。目の前には実物がいるじゃん。今度は日本流のサービスをアガシに教えてあげようではありませんか。私は舌と指を自由自在に操り、アガシを喜ばせてあげました。置屋のアガシはSEXのやり過ぎで中々濡れないのだと言う。しかしアガシは濡れ濡れになったあそこを私に見せて「オッパ~がいいからこんなに濡れた」アガシは自然に濡れたあそこに感激した様子でした。

タクシーで空港に向かい1時40分に着きました。私は短い時間だったが本当に楽しいひと時を送れた事をアガシに伝えた。アガシと腕を組み、空港内を少し歩きながら残された最後の時間を送った。アガシは寂しそうな顔をして「オッパ~!ポッポ」周りに人はいたが別に恥ずかしい気持ちはありませんでした。

何だか映画のワンシーンの様なキスをしましたね^^その時こっそりアガシのコートのポケットに使わせてもらったお金に利子を付けて入れました。ウォ~かっこいいじゃん管理人さんよ~!…..また次に会う時はいつものパターンでアガシのお部屋ですね!

もう絶対浮気はしません。。。多分しません^^;
おしまい.....................by イルボンサラム



アガシNET TOPに戻る

Copyright(C)2002-2010ガシNET, All rights reserved.