日本語に、ひらがな・カタカナが使われているのと同じで、韓国語ではハングルと言う文字が使われています。
現在韓国では文字の表記のほとんどがハングル文字が使われていて、漢字はあくまでも意味の補足程度で、
若い世代にいたっては漢字が読めない人も居るぐらいです。

ハングルは、母音と子音の組み合わせによって構成されています。日本語は 「か(Ka) さ(Sa) た(Ta) な(Na)」
の様に、声に出す音節がそのまま文字で表記します。  K (子音)+ a (母音)=か(Ka)
ハングルは、子音+母音子音+母音+子音の2通りあります。ここが日本語と大きな違いです。 母音も日本
語の(あ〜お)の5つに比べ基本母音だけで10、複合母音を合わせると21もあります。ですから日本語には無
い発音が多くありますが、日本式にカタカナ表記で書いた韓国語を棒読みしても、そこそこ通じますので。



・韓国語では母音のみのハングル文字構成はありません。
 日本語の(あ〜お)の様な母音のみの発音の場合は、母音
 の向かって左となりに、アルファベットの”O” オ−みたいな
 文字を入れます。日本語の(あ〜お)と同じで母音のみで実
 際 発音はしません、(無音)です。

・韓国語の(2)を例にしますと、母音”l ”は日本語の(イ)と同
 じ様な発音をします。(無音)+(母音)=イ となります。  

・次に韓国語の(4)は(子音)+(母音)の構成です。日本語の
 ロ−マ字と同じです。 子音は(S)と同じと考えて下さい。母
 音は(A)です。 (子音)S+(母音)A=SA(サ)になります。

・(子音)+(母音)+(子音)先ほど述べた日本語には無い発音
 です。韓国語の(3)はその構成になっています。韓国語の4
 と子音と母音の文字は同じですね。S+A=SA(サ)次に子音
 のみの発音を付け加えます。カタカナの”ロ”みたいな文字
 はアルファベットの”M”と同じです。SA+M=SAM(サ
 子音+母音+子音の最後の(子音)はパッチンと言います。

(練習問題)

韓国語の(1)はどの様に読みますか?   答え

?・(無音)+(母音)は(2)と同じですね。
  ・(子音)パッチンはアルファベットの”R”です。
 
アガシNET TOPに戻る

Copyright(C)2002アガシNET, All rights reserved.