【へへへのおじさんの体験談】とんでもハップン。地下鉄で10分!

皆さん初めまして!へへへのおじさんです。
今回の訪韓は実に奇妙な事ばかりでした。「世にも奇妙なへへへ」のはじまり、はじまり~^^

【その1】

ホテルにchkinした後にすぐに勝田どん吉さんに教えていただいた「秘密の・・・」に向かいました。
「よーし!ここだ、ここだ。では突撃前にセルフchk!!」
「お金・・ok!!」(日本人価格なら、勝田どん吉さんに教えてもらった通りにネゴしてやる)
「ズボンの中のテポドン・・・発射準備 ok!!」(okどころか限界点)
では突撃ーーーと思ったら、何やら2Fから怒鳴り声が聞こえる。(明らかによがり声ではなく)
韓国語は激音が多く、初めて聞く人には怒っているいるように聞こえるが、訪韓は10数回のため、
それ位は聞き分けられる。

何かあったのかなと思っていると「xxxxx!!xxxxx!!」と叫んで40才位のアジョシが階段を転げ落ちてくるではないか!!もう~びっくり!!その後3人の若い男が追いかけてきて文句を言っている。何があったか知らないけれどもズボンの中のテポドンはミサイル格納庫に撤収!!

気分を取り直して近くの按摩に予定変更!!切り替えの早いのが自慢で、SEXの早いのが不満です。

日本国内でも雑誌によく掲載されている「東●按摩」に行くが、今度はアジョシが階段を機材を運んで登っていく様子を見ていると何やら工事をしているみたい。
尋ねると昨日からボイラー工事との事。

アジョシに「まわりに他が一杯あるからそこへ行け」と言われても行く気にならずとりあえずホテルに帰ってなじみのキーセンがくる夕方まで待つことにする。

【その2】

なじみのキーセンと待ち合わせて再会を喜んでいると
「あだし~生理になってしまいました。でもタオルを敷けばケンチャナヨ!!」
一寸まて!それはケンチャナヨではなく”ケチャプま○こ”だろ。
やりたいけど、やりたくない。そんなジレンマの中でキーセンアガシは、
「早くやりましょ!!あなだ~ひさしぶりね!!はやぐ来で~!!」・・・・・・
やってしまいました。

【その3】

やって自己嫌悪に陥っていましたが、翌朝お寝坊キーセンを置いて出かけました。
地下鉄で10分のところにある588へ!!深夜までやっているは知っているがこんな朝に開いているのかと思いながら9:00には588の入り口に立っていました(息子も)

でもこの時間でもオープンしている置屋もあるものでchkしていると「いたー!!」もうもろ好みのタイプが!!よくぞいてくれました。細身て巨乳。そして笑顔がかわいい♪

早速あがると「朝ごはんは食べたの?」と聞かれて食べてないと答えると自分の用意したホットドックを半分くれて「一緒に食べましょう」と・・「気持ちはうれしいんだが時間が・・・」
「ボスは今いないからケンチャナヨ」(これが本当のケンチャナヨだよな)

食事をしてベットに横になるとまずDキス(588では軽いFキスはありましたがDは初めて)
朝から舌をからめて充分な唾液の交換。そのあと生Fの際に[クダ~ホットドック!」
もうお互い大笑い!!その後の合体も最高で最初は女上位で始めて最後は正常位でフィニッシュ!!

その後あと始末をしようとすると「抜かないで~!!オッパー」と可愛い御願いが・・・
結局30分以上いました。料金はW60000でしたが、勿論チップをあげて「また来るよ」と告げると
「本当?約束よ!」「勿論さ!!」結局毎朝9:00に都合3回行ってしまいました。

帰国の朝に行って、これから帰るんだと告げると「また韓国にきてね!!そしてまた来てね!!」
「勿論さ!!」

こうしてへへへのおじさんの「奇妙なへへへ」は続く・・・



アガシNET TOPに戻る

Copyright(C)2002-2010アガシNET, All rights reserved.